MENU

NEWS
2021.07.06 TUE

「天童木工とジャパニーズモダン」開催

目次|もっとみる

天童木工

天童木工(山形県天童市、加藤昌宏社長)は、代官山 蔦屋書店(渋谷区猿楽町)にて、2021年7月7日(水)から8月6日(金)までの期間、同社の80周年を記念し、新刊書籍と限定仕様の新作家具を販売するフェア、「天童木工とジャパニーズモダン」を開催する。

天童木工とジャパニーズモダン

天童木工は「成形合板」を国内家具メーカーでいち早く実用化し、国内外のデザイナーや建築家との協働によって後の名作と呼ばれる家具を多く生み出してきた。官公庁や企業の上級エリアから一般家庭まで、その実績は多岐に渡る。職人技が光る家具の数々は時代を超えて支持され続けている。

また、戦後、日本の気候風土に根差した建築、デザイン文化を追求した建築家やデザイナーとの協働により大きく発展した。なかでも剣持勇を中心に、日本独自のデザインを探らんとする「ジャパニーズモダン」の思想から大きな影響を受けている。同社は、日本の建築史における様々な名作に納められた数多の家具づくりを通じて、多様なコラボレーションを行っている。

この度、2020年に創業80年を迎え、天童木工が協働してきた建築家やデザイナーとの数多くの仕事を時代順に追いかけた書籍『天童木工とジャパニーズモダン』が7月中旬に刊行される。
あらためて「ジャパニーズモダン」の普遍性を探りながら、実例とともに天童木工が日本の家具や空間に寄与してきた役割を再考する書籍である。

時代とともに変わるライフスタイルへの考察と、新作家具開発のプロセスやデザイナーへのインタビューも収録。多彩なビジュアルとともに歴史を振り返り、未来へとつなぐ一冊だ。

家具 画像

今回のフェアでは、書籍「天童木工とジャパニーズモダン」を先行販売する他、建築、インテリア、プロダクトの視点から生まれた天童木工の名作家具と、80周年を記念に製作された中村拓志、二俣公一、熊野亘による新作家具をあわせて展示、限定販売する。

尚、今回の先行販売に限り、新作家具には各デザイナーの署名入りプレートが付属している。

署名入りサインプレート


 

  • 書籍情報
書籍情報

天童木工とジャパニーズモダン
判型:A5 変

ページ数:488ぺージ

予価:6,050円(税込)
出版:青幻舎
発刊:2021年7月中旬
企画 / プロデュース:南木隆助
編集:山田泰巨
アートディレクション:高橋万実子
デザイン:荻野沙理・柴田胡桃

IISBN:978-4-86152-854-5 C0070

[su_divider top=”no”]

天童木工とジャパニーズモダン
会期 2021年7月7日(水)~8月6日(金)
時間 営業時間の通り
場所 代官山 蔦屋書店 2号館1F 建築デザインフロア
主催 代官山 蔦屋書店
共催・協力 天童木工
お問合せ先 03-3770-2525(建築・デザインフロア)
URL https://store.tsite.jp/daikanyama/event/architectural-design/20996-1713490702.html

[su_divider top=”no”]

ABOUT

アズスクはインテリアの情報プラットフォーム。
家具やインテリアを

「見つける」「知る」「出会う」「楽しむ」

ことができるメディアです。

「インテリア」を
もっとへ。

Read more