MENU

知る
2022.08.13 SAT

海外で大人気のジャパンディスタイル!流行のインテリアスタイルのポイントを徹底解説

目次|もっとみる

今、海外で流行している「ジャパンディスタイル」果たしてどんなインテリアスタイルなのでしょうか?
今回は「ジャパンディスタイル」を徹底解説します!

日本の「間」と北欧の暖かみが融合した「ジャパンディスタイル」

ジャパンディ スタイル 部屋
出典:大塚家具

Japandi(ジャパンディ)とは、Japanese(日本の要素)とScandinavian(北欧の要素)をミックスしたインテリアスタイルです。

職人がこだわった製品を使用し、天然素材を取り入れた、温かみの中に洗練された風合いを感じる空間となっています。

ジャパンディスタイルな部屋の作り方

北欧と和の家具を組み合わせよう

ジャパンディ
出典:大塚家具

北欧の家具は、木材などの自然素材を使い職人が細部までこだわって作った人の体に合わせて作った曲線のフォルムが特徴です。

一方で、日本の家具も職人のこだわりや木の温もりを大事にしておりシンプルでスタイリッシュな家具が多いです。

この2つの要素を持った家具を組み合わせるとジャパンディらしさが生まれます。

杉・ヒノキ・竹で出来たインテリアはより日本らしさを醸し出す

ジャパンディ
出典:ARIAKE

ジャパンディな雰囲気を出すのに打ってつけな家具ブランドは「ARIAKE」です。

また、杉・ヒノキ・竹で出来たインテリアは、より日本らしさが出やすいです!

北欧や配色を意識しよう

北欧の配色

ニュートラルなカラー

北欧の配色は、ライトグレー・イエロー・グリーン・ブラウン・ベージュなど明るくニュートラルなカラーで、天然カラーとパステルカラーが相まって空間を明るくしてくれます。

和を感じる配色

藍色・若草色・藤色・茜色・ベージュ・黒などの低彩度のアースカラーや暗い深みのある色味が特徴です。

北欧家具をベースにする場合は和の配色を取り入れるなど、これらの色をミックスすることで「ジャパンディ」らしさが生まれます。

北欧と和の様式を取り入れよう

ジャパンディ
出典:大塚家具

例えばこの写真は、壁や障子などの空間を和のテイストに合わせ家具を北欧の様式で揃えています。

また、盆栽など小物にも和のテイストが入っています。

ジャパンディ
出典:大塚家具

この写真では、家具は北欧スタイルにて揃え、カーテンの柄で和のテイストを追加しています。

家具を北欧で揃えるのなら、壁・床・カーテンなどの空間に和のテイストを入れましょう!

天然素材を取りいれよう

色が濃い木材やファブリックに竹や和紙を取り入れると「和の要素」が強くなる

ジャパンディ
出典:天童木工

天然素材を取り入れることで部屋に暖かみが生まれ「ジャパンディ」らしさが生まれます!

例えば、色が濃い木材やファブリックに竹や和紙を取り入れると「和の要素」が強くなります。

リネンやファブリックを取り入れると「北欧の要素」が強くなる

SKUGGIS スクッギス フック, 竹, 6.4x11 cm
出典:IKEA

また、明るい木材に合わせてリネンやファブリックを取り入れると「北欧の要素」が強くなります。

ジャパンディ
出典:大塚家具

この写真では、明るめの家具に和紙の照明を合わせることで「ジャパンディ」らしさを演出しています。

余白を作り、その見えない空間の中に「美」を感じる間を意識しよう

ジャパンディ
出典:大塚家具

日本には古くから「間(ま)」という特有の空間的美意識があります。

「間」とは敢えて余白を作り、その見えない空間の中に「美」を感じることです。
ジャパンディスタイルはこの「間」の美意識を活かし、なるべく無駄を省いたミニマルな空間のことを指します。

モノが溢れすぎないことを意識しましょう!

観葉植物をフォーカルポイントに

ジャパンディ
出典:大塚家具

また、観葉植物を取り入れフォーカルポイントを作ることで暖かみのある生き生きとした部屋になります。

生き生きした観葉植物もおすすめですが「ドライフラワー」もジャパンディスタイルにおすすめです。

家具は、低めのモノを選ぼう

出典:天童木工

和モダンのインテリアスタイルでインテリアをコーディネートしたい時は低めの家具脚が太いものを選びましょう。

日本の生活様式は、明治時代になる前は「畳や床に座りそこに布団を敷いて眠る」文化です。

目線を低くする「低座の暮らし」は、和モダンインテリアのひとつの考え方です。

ジャパンディ
出典:FRYMEe

また日本の家具は、組子細工など細部にこだわったシンプルでスタイリッシュであり木の温もりや職人のこだわりを感じ取れるのが特徴です。

おすすめインテリアコーディネート例

ナチュラルな佇まいが美しい無垢の一枚板テーブルをメインにしたジャパンディスタイル

出典:大塚家具

テーブルは栃の木の無垢天板を使用。天然素材ならではの複雑なグラデーションを持つ栃の杢目が空間に奥行きを与えてくれます。

チェア座面のペーパーコードの編み込みも素朴ながら居心地のいいナチュラルな雰囲気を醸し出します。

全体的にシンプルな色味で統一されていますが、アクセントとして、チェアを異なった色で合わせているところもポイントです。

出典:大塚家具

ナチュラルな佇まいが美しい無垢の一枚板テーブルは、ジャパンディスタイルによく合います!

テーブルが自然特有のあたたかな印象であれば、チェアはスタイリッシュなデザインを選ぶと室内にコントラストが生まれます。

相反する2つのイメージが上手に調和することで洗練された空間になります。

ジャパンディスタイルを作れるオススメメーカー

アリアケ

出典:アリアケ

ARIAKEは、家具の町である佐賀市諸富町のレグナテックと平田椅子製作所、二社が立ち上げた家具ブランドです。

この名は九州にある有明海にちなんで名づけられました。「ARIAKE」とは日本語で夜明けを
意味し、グローバル市場を目指し、海外のデザイナーたちとのコラボレーションを開始したこの二社の新しい幕開けを象徴しています。

仕事における強いつながりは、良いものづくりの土台であるというのが私たちの信念です。家具は、人が共に住み、働き、食事をするという社会生活のために作られます。

ABOUT

アズスクはインテリアの情報プラットフォーム。
家具やインテリアを

「見つける」「知る」「出会う」「楽しむ」

ことができるメディアです。

「インテリア」を
もっとへ。

Read more